W杯代表メンバー23人が決定 サッカーファンが失望するワケとは? | ニコニコニュース



(出典 www.football-zone.net)



サッカー日本代表

(画像はサッカー日本代表公式Twitterのスクリーンショット)

日本サッカー協会は31日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表メンバー23名を発表した。サプライズ選出もなく無難すぎるとも言える人選に、サッカーファンからは諦めにも似た失望の声が多く聞かれた。

■「ビッグ3」順当選出も若手が落選

発表された代表メンバーは以下の通り。あまりサッカーになじみがない人には知らない名前がほとんどだろう。それでも、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司のいわゆる「ビッグ3」は順当に選ばれた。

<GK>
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

<DF>
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

<MF>
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)

<FW>
岡崎慎司(レスター/イングランド)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

注目すべき点があるとすれば、これまで代表に選ばれ、アジア最終予選突破に貢献してきた若手が選出されていないところだろう。

前日のガーナ代表戦からは、浅野拓磨(ハノーファー96/ドイツ)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ/スペイン)、三竿健斗(鹿島アントラーズ)の3名が最終メンバーから外れた。

浅野と井手口は、W杯出場を決めたオーストラリア代表戦でそれぞれゴールを挙げている。

■起爆剤として期待できる選手がいない

今回の代表メンバーは、西野朗代表監督が「経験と実績を重視した」と説明するように、比較的ベテランの域に近い選手が多く選ばれている。平均年齢は28.17歳で、史上最高齢となった。

これまでの代表とあまり顔ぶれが変わらないということ自体は、戦術の浸透やコンビネーションという意味では、土台がしっかりできているということではある。

しかし、アジアでは戦えていたものの、ヨーロッパや南米、アフリカといった強豪国との対戦では「まるで歯が立たなかった」と言っても過言ではない。そんなメンバーのまま本番でも強豪と対戦することに、希望を見出せないのはファンとして当然だろう。

普通にやったらまずかなわない世界の強豪と相対するには、「何かを変えてくれるかもしれない」と期待できる起爆剤のような選手を入れる必要がある。

今のままでは、グーしか出せないジャンケンで、グーもチョキもパーも使える相手に挑むようなものだ。思いもよらない手を出す可能性を残さない限り、「やるだけ無駄だ」と感じるのが人間として普通の感情だ。

■「負けに行くならせめてカズくらい呼べ」

そうした中、目立ったのは「カズ(三浦知良/横浜FC)を代表に呼べ」という意見だ。Jリーグが発足した1993年からスター選手として活躍し、51歳となった現在も現役を続けている驚異のレジェンドである。

サッカーファンは、今の日本でサッカーが盛り上がっていないことを痛感している。代表が勝てば国民が盛り上がってくれることは分かっているため、その「勝利」が望めない現状に失望しているのだ。

であれば、せめて「話題性」で国民の関心を引いてほしいと思っている人が少なくない。Jリーグ25周年の節目を迎えた2018年に三浦が代表復帰となれば、ストーリーとしても美しいからだ。

■未来を見据えた人選を望む声も

また、FC東京で活躍する期待の16歳・久保建英や、オランダで活躍する堂安律(フローニンゲン)らに期待する声も多い。

16歳の久保が選出されればそれだけでも話題になる上、将来を見据えて代表での経験を積ませることもできる。そういった中長期的な視点も感じられない代表メンバー発表だったということも言える。

また、これは余談になるが、仮に51歳の三浦と16歳の久保がW杯という舞台で同時にピッチに立つとすれば、勝ち負けを超えた感動が得られるだろう。

そういった「観客を楽しませる」観点に欠けているあたりも、またファンの不満を呼んでいる。

日本代表は6月8日にスイス代表と、12日にパラグアイ代表と親善試合を行ったのち、W杯本戦に臨む。初戦は19日のコロンビア代表戦となり、24日にセネガル代表と、28日にはポーランド代表と対戦する。

・合わせて読みたい→西野朗って誰? サッカー日本代表監督がW杯直前に電撃交代

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

W杯代表メンバー23人が決定 サッカーファンが失望するワケとは?


(出典 news.nicovideo.jp)

暁 櫻華

暁 櫻華

ドーハの悲劇以降、最も弱く、期待値の低い日本代表

カルボン

カルボン

失望するほどファンがいるの?

ウサコッツ

ウサコッツ

自国開催でベスト16を経験して以降、マスコミ主体で「日本サッカーは強い(はず)」とされてきた。結果が出ない理由を時に「FWの決定力不足」「監督・戦術に問題がある」としてきたが、一度「日本のサッカーはまだまだ」と自覚しない事にはこの先も成長するキッカケを失ったままかもしれない